2004年12月03日

10月は洋楽ががんばったなあ

遅くなりましたが、RIAJが10月の生産実績を公表しました。こちら

見てみるとわかりますが、洋楽、がんばって売ったなあ。累計でも、昨年越えまで後一歩ですよ。がんばれ。
しかしながら、邦楽は前年比80%を割る状態。シングルが売れなくなっているという指摘がそこかしこで見られるけれども、こと10月に関してはアルバムの生産枚数が深刻な落ち込みを見せていますな。シングルは前月に比べるとむしろ持ち直しているのかも(でも生産枚数はかなり下がっているのに金額では前年比99%。単純に考えると単価が高くなってるように見えるな)。

ではどんな洋楽が売れたのだろうかとオリコンを見てみましたところ洋楽的には、こんな感じ。上位にSUM41やGREEN DAYといった連中が飛び込み、11位以下にもグッド・シャーロット、ヒラリー・ダフ、アナ・ジョンソン、ファットボーイ・スリム、マリリンマンソンとなんか豪華。
多分11月にはブリトニー・スピアーズやエミネムも入ってくるんだろうなあ。


ていうかあれだ、これはなんの根拠も無い私見だけれども、「海外で高い評価を得ている」っていうのが、なんつーか安心印というか安定志向というか、「まあ多分ハズレって言うことも無いんじゃない?」的な支持を集めているってな印象。
posted by 旅烏 at 22:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽業界関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちょっと気になったのですが、生産実績ということは、単にプレスした枚数であって、売れた枚数ではないような気もするのですが、どうなんでしょうね? まぁ、プレス枚数イコールJASRACがメカニカル(楽曲印税)を徴収する基準ではあるのですが…。

あと、RIAJのデータは日本盤だけと思われますが、オリコンは輸入盤が入るはずなので、微妙にデータ内容に差違がありそうです。
Posted by wms at 2004年12月09日 01:25
コメントありがとうございます。
おっしゃるとおりです。目安程度にはなるだろくらいのモンだと思っていただけると幸いです。
Posted by 旅烏 at 2004年12月09日 10:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。