2005年01月13日

輸入権発動

試される。さんより。輸入権発動。
こちらが輸入権が行使される予定の作品及び対象国のリスト。

輸入権を行使したのは東芝EMI(3タイトル)、SONY(8タイトル)、日本クラウン(1タイトル)、ワーナーミュージックジャパン(1タイトル)、エイベックス(3タイトル)の5社。
うち、洋楽タイトルの輸入差し止めが1点(クレモンティーヌの「30℃」。対象国は台湾)。
対象となった国は韓国、台湾、香港、中国、タイ、シンガポール、マレーシア。
アジア音楽のファンの方は、輸入盤が発売されるのに遅滞が起きないかどうか注視することをオススメする。輸入禁止品目が含まれているかどうかチェックするため商品が税関に滞留し、市場に流れてくるのが遅くなりはしないか。


追記:今回の品目の中には、2004年12月31日以前に発売されたものも数点含まれている。
文化庁が提示し、RIAJも提示した表示に関するガイドラインに従うのなら、これら旧譜に関しても日本に輸出してはならない旨、表示しなければならないわけだが、それはきちんと守られるのか? それとも早速無視しておくのかしらん?

追々記:SMEに、以下の二点について問い合わせのメールを出しました。

 ・フランス人アーティストであるクレモンティーヌの「30℃」が還流防止措置の対象になっているが、これは当該作品が日本オリジナル音源であるなどの特殊な理由によるものか。

 ・また、上記「30℃」は2002年に発売されたものであるが、既に流通している音源については輸入禁止の表示はどうするのか。それとも、対象国である台湾にはこの音源はまだライセンスしておらず、これか生産する分については日本輸入禁止の表示をするのか。


返事、くるかしら?
posted by 旅烏 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(4) | 音楽業界関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

【輸入権】輸入差止申立に係る対象レコードリスト
Excerpt: 【速報】輸入差止申立に係る対象レコードリスト(試される。)  ←輸入権発動(万来堂日記) ついに動きがあった模様。 レコード協会のページはここ。 アジア音楽の輸入盤、洋楽の動向にも..
Weblog: Kim.のいきなりなんばすっとねあんたわ!
Tracked: 2005-01-14 16:25

輸入CD・レコードが買えなくなる??…その31
Excerpt:  久々のお馴染みシリーズ登場ですが....今年ももう(まだ??)半月が過ぎましたけど、レコード会社ももう早々に輸入権を発動しようとしていたとは!!(@__@) ・音楽レコードの還流防止措置←社団法人..
Weblog: 雑貨屋の広報掲示室
Tracked: 2005-01-15 23:36

『還流防止措置「輸入差止申立に係る対象レコードリスト」公表』追記 〜リスト内に洋楽が表記〜
Excerpt: 1/14付で記載した『還流防止措置「輸入差止申立に係る対象レコードリスト」公表』に際し、『対象作品は(当然ながら)邦楽のみです』とコメントしたのですが、洋楽作品のクレモンティーヌのアルバム『30℃』が..
Weblog: facethemusic
Tracked: 2005-01-16 15:15

輸入差止申立に係る対象レコードリスト
Excerpt: 関連リンク 試される。(ココログ mix)さん経由【速報】輸入差止申立に係る対象レコードリスト 謎工さん経由還流防止対象タイトル公表 ふっかつ!れしのお探しモノげっきさん経由今日の一発目、輸入差止申立..
Weblog: Where is a limit?
Tracked: 2005-01-17 20:53
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。