2004年06月05日

カルビーの

イタロ・カルヴィーノの「見えない都市」を読もうと思いまして、ぺらぺらとページをめくるわけですが。
結構いらっしゃると思うんですが、あとがきから読んだんですね。
そしたら、同じくカルヴィーノの「冬の夜ひとりの旅人が」を絶賛しているわけですよ。
待てよ。
「冬の夜ひとりの旅人が」なら、以前に買った覚えがあるぞ。確かちくま文庫で。
積んである本が多いんで、それが何年前の記憶かも定かではないけれど、確かに覚えがあるぞ。
こうなると現金なもので、「見えない都市」よりも「冬の夜ひとりの旅人が」の方を読みたくなってまいります。
家中の捜索を開始開始いたしました。


………………


とりあえず、我が家には積ん読が785冊あることが判明しました。
うむ。充実感。
ん? カルビーがどうかしましたか?


posted by 旅烏 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。