2003年10月25日

幕間

今すぐ何もかも捨てて飛んで行きたいのは、貴女だけじゃない。私だってそうだ。そして、それがすぐには出来ないというのも同じこと。
涙がなんだというんだ。貴女をどうやったら救えるのか。それに必死で、泣いている余裕なんて無い。泣いている暇があったら、手首を引っつかんでここまで連れてくるさ。
くじけそうになっても食らいついて、絶対に追いついてやる。
追いついて、前に回りこんで、舌をべえっとだして、力いっぱい抱きしめてやるんだ。


【関連する記事】
posted by 旅烏 at 22:07 | TrackBack(0) | 幕間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。