2004年07月17日

The Rootsの新譜と「あーんてあっぷ♪」と海猿と

出勤前、ちょっと早起きして、半ば無理やりThe Roots“The Tipping Point”を聴く。最近のThe Rootsっていうと、どうも難解な印象があったのだけれど、このアルバムは聴きやすい。“Illadelph Halflife”以降のアルバムでは一番のお気に入りになる予感。

本日は、2時間ほどのサービス残業。まあこんなものか。
帰り道、信号待ちで並んだ車が大音響でHIPHOPを流していた。聞き覚えがあるなと思ったら、MOPの“Ante Up”。うん。かっこいいよな。思わず車の中で隣の車に合わせて「あーんてあっぷ♪」と口ずさむ。
しかし、真夜中にピックアップでMOP流すってのも、嵌りすぎだよなあ。きっと中にはこわいギャングが乗っていて、うっかり煽ったりするとスウィングバイをくらって穴だらけにされるに違いない。くわばらくわばら。

家に着き、ぼけっとテレビを見ていると、映画「海猿」のCMが流れた。これがハリウッドの目に留まり、踊る大走査線みたくアメリカで公開されたら、やっぱりタイトルはシー・モンキーになるのだろうか。いっそのこと「12人の怒れる海猿」かなんかにして、テリー・ギリアムにメガホンを取ってもらってくれ。それなら観る。多分。
posted by 旅烏 at 04:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月16日

出社二日目にして愚痴

出社二日目にして、3時間のサービス残業を経験した。不思議不思議。
「今日はこういう作業をやります」という説明・連絡無しの残業である。本当、こういう、「どこまでやったら終わり」というゴールを説明されない残業はうんざりする。説明してくれりゃあ、随分と楽なんだが。
商品の価格変更に関する作業を行ったのだけれど、作業を進めていくと、「これ、閉店後じゃなくて、営業時間中にも出来たんじゃねーか?」という作業が続発。新入りがでしゃばることじゃないので黙っていたが、作業の仕切り・指示・見通しが甘いから、こういうことになる。
大体、三時間残業して「思ったより早く終わった」という言葉が出るような、その程度の見通しで作業されてもなあ。巻き込まれて残業するこっちは溜まったものではない。
まあ、私も昔は4時まで仕事して、翌日の朝8時半に出勤なんてのを日常茶飯事でやってましたがね。それだけに、こういう、回避できる残業ってのには、点が辛くなるのだ。
かくして家に帰ったときには4時をまわり、弁当箱と魔法瓶を洗うと、夏の空はもう白み始めてしまった。不思議不思議。
予想通り、今朝届いたCDを聴く時間は無いな。もう寝なければ。
ええと、今の心境を一言で表すとすると。

くそったれ。
posted by 旅烏 at 04:41| Comment(10) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月11日

投票にいってきました

d.e.plusさん発のトラックバック企画の乗っかりつつ、YOTABLOGUEさんにトラックバックしつつ、投票に行ってきましたよ。Yeah!!
歩いて2分で投票所。行かなかったらバチがあたる。
もうあれですよ、頭の中で流れるBGMはDr,Dreの“The Day The Niggaz Took Over”っすよ。ロス暴動の曲なんだけど(笑)。
出口調査では「発明党」と答えようと思ったけど、そもそも出口調査がいませんでしたよ! HA HA HA!!
posted by 旅烏 at 08:45| Comment(2) | TrackBack(3) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月09日

原辰徳、怒る

原辰徳氏のオフィシャルサイト「HARA Sprit」内のコンテンツ、7月8日付けの「TATSUNORI STORY」にて、性急な合併・1リーグ化の流れに反対を表明しています。
巨人OBは腰抜けばかりと思っていたら、意外な大物が口を開いてくれましたね。昨日だか一昨日だかにテレビで某巨人OBのコメントを聞いたときは吐き気すら覚えましたが。いや、某OBって、宮本ですけどね。
「早く決めてしまって、その後じっくり考えればいい」と来たものです。いやはや。なんとも扱いやすいことで。二度とズームインサタデーを見ることはなくなったわけですが、まあ、そもそも野球を見る機会が激減するのであまり関係ないんですが。
中畑とか江川とか仰木とか森とか広岡とか掛布とか江本とか東尾とかは、どんなコメントをだしているんだろう。

追記:コメント欄で教えていただいたのですが昨日の風はどんなのだっけ?さんによると、7月9日午後11時過ぎ、該当の記事は削除されたようです。
なんともはや、救いようがないですね。
posted by 旅烏 at 10:47| Comment(8) | TrackBack(5) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水難の相 或いはネプチューンズのせいだ

惰眠を貪っていた私を強引に起こしたのは、隣の部屋の非常ベルでした。
しかも鳴り止みません。
一大事か。
すわ何事。
いざ鎌倉。
急病? 強盗? 殺人? 暴行? 火事? 医療過誤? いや、それはありえない。アパートだし。
パンツ一丁で寝ていたので急いで服を着て外に出ると、外は雨。
な、わけねえやな。空からは腹が立つほどの日差しだ。でも、上から水がばしゃばしゃと。
で、隣の部屋のお姉さんが丁度ブレーカーを落として非常ベルを切るところでした。見ると、部屋の中は水浸し。
どうやら、上の部屋の住人が、水を出しっぱなしにしていったらしい。上の階に行って見ると、ドアの下から水が流れ出て偉いことに。それが真下の部屋に漏れちゃったのね。
とりあえず、えーと、あれ、なんていうんだ、車から雪とか氷とか引っぺがすのに使う、巨大なゴムヘラみたいな奴、水の掻き出すのに使えるだろうと、あれをお隣さんに貸して、部屋に戻った。
確か、水を洩らした2階の部屋は、以前にも真夜中に大音量で音楽を流していて、しかもそれが俺も持っているアルバムだったりして、非常に腹立たしかった覚えがある。低音は響くんだよ、馬鹿野郎。
ちなみに、そのとき流れていたのはクリップスのグラインディングっつう曲だった。曲のセレクトが、ますます腹立たしい。真夜中にネプチューンズがプロデュースした曲を大音響で聞いている、そのシチュエーションがとてつもなく嫌だ。絶対に真似をしたくない。
つーか、ヘッドフォンくらい持ってないのか。
今度会ったら、そいつの部屋に上がりこんで、部屋中のCDを叩き割ってやる。住人の顔、知らんが。
posted by 旅烏 at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月08日

政策CPプロジェクト

猛暑の中、Ultramagnetic MC'sと言おうとして舌をこっぴどく噛んでしまった今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

参院選が近いというわけで、若旦那の独り言2004さん経由、政策CPプロジェクトのご紹介。
簡単に言いますと、自分の支持する政策にあった候補者をリストアップしてくれるシステム、だそうです。
やってみると、今まであまり関心を持っていなかった争点もどんどん出てきて、面白いっすよ。お暇でしたら、是非。

posted by 旅烏 at 15:21| Comment(3) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月07日

K-1の感想

プアカーオ、強い。
プアカーオ、偉い。
決勝では、魔娑斗相手に終始圧倒していたのに、訳のわからんジャッジで延長になだれ込む羽目となったが、延長でも余裕たっぷりだった。
プアカーオ、偉い。
でも、訳のわからんジャッジをして、やる必要の無い延長戦にもつれ込ませたのは、偉くない。
んなことやってると、八百長疑惑がでますわよ?
posted by 旅烏 at 22:50| Comment(6) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やめた

うむ。
小学生の頃から中日ファンをやっていたんだけど、この度、プロ野球ファンをやめることにしました。
「CDを買う気が無くなった」という人も、こういう気持ちだったんだろうな。
大体、オーナー会議でもう1つの合併話が明かされて、しかもどの球団かは秘密ってどういうこったよ。
大方、西武、ロッテ、横浜あたりだと思うけどさ。
秘密ってことは、決まるまでファンに明かすつもりはないってこった。
なんか、もういいや。
今後は、今まであまり見ていなかったサッカーでも見ることにします。F1も、今年は琢磨ががんばってるし、夏競馬も始まったし。
posted by 旅烏 at 18:19| Comment(17) | TrackBack(3) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月27日

抵抗は無意味だ

セ、セブン・オブ・ナインがあっっ!!
そんな馬鹿なっ!
セブン・オブ・ナインが素直にセクハラされるなんて、そんな馬鹿なことが。
キャラ的にはむしろ、「抵抗は無意味だ」とか言って、強要する側じゃないのか!?


ふう。
でも、スタトレ史上最高のヒロインはセブンではないかと、密かに思っていたりするのですが。
posted by 旅烏 at 05:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月26日

ペプシブルーが用を成さないケース

友人との会話。

「ペプシブルー飲んだ?」
「あー、飲んだ飲んだ」
「あれって(味に関する話なので自主規制)」
「そうだよねー」
「ところであれ、ウン○が緑色になるらしいねー。飲んだんでしょ? どうだった?
「……」
「ん?」
「……ウチ、ボットンだからわかんない


心底すまなかった。
posted by 旅烏 at 22:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月21日

F1アメリカGPにおける2つの快挙

F1アメリカGPが先ほど終了しました。
1位ミハエル・シューマッハ、2位ルーベンス・バリチェロ

3位佐藤琢磨

いや、ラルースの亜久里以来、14年ぶりの日本人表彰台ですよ!
あの年は、シーズン終了後にラルース、全ポイント剥奪されちゃったんだよなあ……


と、いうような話は色々なサイトでやるでしょうから、ひとまず置いておいて。
もうひとつ快挙が。
今回はサバイバルレースとなったのですが、そのおかげで素晴らしいことが。

バウムガードナー8位入賞!!!

えらいぞ! バウムガードナー!
人間、まじめにやっていればいいことある!!
もう走る障害物とは言わせない!!!
ミナルディは大助かりだ!
フォンドメタルにおけるガブリエル・タルクィーニと同じくらい偉い!(微妙だな、こりゃ)
posted by 旅烏 at 04:17| Comment(5) | TrackBack(6) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月14日

提供は

ロート製薬提供の番組といえばSMAP×SMAPであるという方は1を

いや、クイズダービーであるという方は2を

いやいや、クイズひらめきパスワードであるという方は3を。
posted by 旅烏 at 22:26| Comment(7) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月11日

CDの研磨

以前働いていた新古書店に、CDを中心に本やらゲームやら持っていった。「……苦しいんですか?」と同情される。ええ、苦しいですとも。誰か、早く雇っておくれ。
ついでに頼み込んで、傷できちんと(?)聴けなくなってしまったTALKING HEADS“NAKED”を研磨してもらった。
ずいぶんと情けをかけてもらい、64点で12000円也。ありがとうございます。

家に帰り、“NAKED”を聴きなおす。ロックのことは碌に知らないし、TALKING HEADSのアルバムだって3枚しか持っていないんだが、これといい“REMAIN IN LIGHT”といい、ブラックミュージックのファンからの再評価があってもいいだろうに。それとも、私が知らないだけで再評価されてるのだろうか。普段音楽雑誌とか読まないからなあ。
その後、晩飯を作ってから、何枚かCDを持ってきて、好きな曲を聴いて過ごしていたのだが、これまであまり聴きこんでいなかったThe Pharcyde“PEACOCK SERIES Vol.1”がかなりカッコいいことに今更気がついた。いや、やっぱり1stや2ndの方が好きではあるんだけれど、これはこれで。
IMANIのソロアルバムも欲しいんだけど、今は倹約しないとなあ。全部貧乏が悪いのだ。
posted by 旅烏 at 03:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月08日

中古屋のつぶやき

こちらで謎工さん、激怒中です。
中古ゲームの規制のことで怒ってらっしゃるんですが。
先日、元ゲーム会社の営業の方とお話しする機会がありまして
その方曰く「いいゲーム屋さんは新品3割・中古7割で扱ってますよ」
さもありなん。
元新古書店店員としては、実に頷ける数字であります。
売る側に立ってびっくりしたのですが、まあ、新品ゲームの粗利が少ないこと少ないこと!
売れ残って値下なんてなった日には、ちまちま稼いでいた粗利を、あっという間に食いつぶして赤字へ転落。
中古ゲームで利益を確保しないことには、とても成り立たないんですよ、ゲーム屋なんて。
その中古ゲームに規制がかかったら、ゲーム専門店がぼこぼこ潰れていくのは火を見るより明らかでありまして。今だって厳しいんですから。
そうすると、自然とマーケット自体が縮小します。
他の売り物で利益を稼げるところしか(家電量販店とか)しか扱わなくなり、それだっていつまで続くことか。利益が出ない部門だったら、切り離さない方が不思議ですからね。
そこまで考えた上で発言してるんですかね。中古ゲームを規制したがる人ってのは。
posted by 旅烏 at 00:49| Comment(17) | TrackBack(3) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月05日

相次ぐドラマの延期、中止だそうで

ドラマを延期ないしは中止するってのが相次いでいるそうで


少女が同級生をバットで撲殺する事件が起きたら、プロ野球中継も自粛するつもりなんでしょうか?
わけがわからん。
人間なんてのは、色んなものに影響される単純な生き物なこたあ確かだろうが
テレビ局が考えるほど単純に出来ちゃあいねえぞ。


良識派気取った「このような事態に、我々大人はどのように接していったら…」というのも、いかがなものかなあと思うわけですが。
「子ども」と「大人」の二項対立で問題を片付けようとするのも、安易な原因探しとよく似た錯誤でありますな。
posted by 旅烏 at 00:35| Comment(7) | TrackBack(1) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月03日

佐世保の事件の報道とコロンバイン

ニュースでは佐世保で小学6年生の女の子が同級生を刺し殺してしまった事件を今日も報道しておりまして。
で、インターネットの影響を云々したり、女の子が「バトル・ロワイヤル」を好きだったことを大きく報道したりしてますな。

この人たちは、つい先日、マイケル・ムーア監督の「華氏911度」がカンヌでパルムドールを受賞したことを報じたばかりで、遡ると同じくムーア監督の「ボウリング・フォー・コロンバイン」が話題を呼んだことも報道しているに違いないと思うのですが。

安易な原因探し、安易なラベリングの危険さは、他ならぬムーア監督自身が「ボウリング〜」の中で「なんでマリリン・マンソンばかりが影響を与えたと批判され、当日の朝ボウリングをしていたことや、前日コソボ空爆のニュースが流れたことの影響は云々されないのか?」と批判しているのでありますが。

うむ。そうですか。ネットですか。バトロワですか。
物の見事に過去から学んでねえな。
posted by 旅烏 at 18:07| Comment(1) | TrackBack(1) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月31日

キートンの夏、日本の夏

MASTERキートンを読んだことがある方は、キートンがタクラマカン砂漠だかどこだかに置き去りにされ、そこから生還するエピソードを覚えてらっしゃるかと思う。
それによると、Yシャツにネクタイにスーツというのは、実は砂漠に適した服装だそうで。それを大きなアドバンテージとして、キートンは奇蹟の生還に成功するのである。


さて、こちとら求職中の身であるから、今日も今日とて面接を受けに出かけたわけだが。
三重にいた頃も含めると、関西で夏を迎えるのは4回目になるのだけれども、未だにこの暑さには慣れない。
今日も非常に蒸し暑かった。
私の服装はといえば、面接に出かけるわけであるから、当然スーツにYシャツにネクタイである。
キートンは、この服装を大きなアドバンテージとして、死の砂漠から生還したのだ。

えーと、無理

あたしゃ元々が雪国の出だよ。無理無理。生理的に無理。生物学的に無理。遺伝学的に無理。
ただそこに座っているだけで、確実に消耗していく体力。
毎分1デシリットルの勢いで、全身の穴という穴から噴出し続ける汗。
結構本気で狙っている会社の面接であるので、緊張してしかるべきなのだが、生命維持に精一杯で緊張どころではない

面接で通された会議室の涼しかったこと!

おまけに、帰り道では雨に降られ、家に戻ったら晴れ間が覗きはじめた。
どうも、天気に恨みを買ったらしい。
posted by 旅烏 at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月30日

ダービー結果

貧乏なので馬券も買わずにテレビ観戦というテイタラクでありますが
コスモバルクを応援しながらドキドキしながらレースを見ていたわけであります。
以下、その結果を

1着キングカメハメハ
2着ハーツクライ
3着ハイアーゲーム
4着キョウワスプレンダ
5着スズカマンボ

マイネルマクロスが大逃げ、コスモバルクは早め3番手、キングカメハメハはその後ろという展開。
コスモバルクが早めにまくるも、直線伸び悩み、キングカメハメハが直線抜け出してゴールイン。2分23秒3のレコードタイム。やはり府中は向いているのか? 坂を越してからも力強さは衰えず。マイルカップとダービーの二冠は初。
ハイアーゲームはキングカメハメハマークで直線迫ったが、坂で足が止まった。逆に坂を越えてから大外を通って迫ってきたのがハーツクライ。しかし、キングカメハメハには及ばず。
コスモバルクはハイペースに巻き込まれた。ダイワメジャーに逃げ切りを許した皐月賞を意識しての位置取りなのかもしれないけれども、失敗。折り合いもつかなかった。
posted by 旅烏 at 15:50| Comment(0) | TrackBack(1) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月28日

モツ鍋が食えなくなるのか?

こんなニュースがありました。
狂牛病の特定危険部位に、新たに「腸全体」が指定されたそうで。
つまり、モツもやばいかもしれないということなんだろうか。

日本はこの決議に反対したそうだけれども、モツを規制することに経済的なメリットや政治的なメリットがあるとも考えにくいわけで(だって、牛を一頭殺すのなら、なるべく多くの部位を商品化できた方が特になるし、牛愛護団体が「牛のモツはだめ!」というとも考えにくいし。牛愛護団体なんてあるのか知らないが)、つまりは、なーんか疑わしい部分があるんだろうな。

困ったな。モツ鍋は好きな部類の料理だ。居酒屋に行くとかなりの高確率で注文するのだ。
数年前に、モツ鍋が流行したこともあったわけで、「俺は骨周辺とか脳とか食べてないから安心だもんね♪」という人も、「でもあんた、モツ鍋うまそうに食べてたじゃん」というと、とたんに青ざめる、と。
困った困った。これで狂豚病とか発見された日には、何の肉を食えばいいのだ?

しかし、もともと羊との関連性があるといわれているクロイツェル・ヤコブ病てのがあるのに、羊肉パニックが広がっているというのはあまり聞かない。日本人があまり羊を食べないからだろう。羊の焼肉とか好きなんだが。

ブルース・スターリングの短編小説に、欧米や日本、その他の先進諸国で狂牛病が大流行し、それらの国々が国力を失ってしまったという設定の物があったな。
で、ヒンズー教徒が多いため元々牛を食べてなかったインドが世界のトップへ躍り出ているという。

ちなみに、ちょっと今手元にソースがないんだけども、狂牛病の潜伏期間っつうのはまだよくわかってないらしい。
研究者の立場によって違うんだろうけど、20年〜100年なんていうすごい記事を見た覚えがある。
100歳の老人が狂牛病で死亡って、どんだけ長寿やねん、と。

とりあえず、こんなニュース見ると、モツ鍋、食べたくなくなっちゃうよなあ……
posted by 旅烏 at 22:09| Comment(15) | TrackBack(7) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月25日

インタビュー集

テレビで、とある人の対談集がでるなんてことを言ってましてね。色んな有名な人と対談して、それをまとめたんだそうですが。
有名な人のインタビューをまとめたなんてのもありそうですな。
その逆というのもありそうです。いろんな人からインタビューされるインタビュー集。
例えばですが、サッカーの中田がいろんな人からインタビューされる、なんてのは、ありそうな話です。

その更に逆ってのがあったら、是非読んでみたいのですが。
無名な人が、大勢の有名な人にインタビューされるインタビュー集。
まさに有名な人のインタビュアーとしての力量が試される針のムシロ。
読者は暴かれた力量をニヤニヤしながら見守るのであります。


もしくは、有名な人が色んな無名な人にインタビューするという……ってのも考えたんですが、これは結構ありそうだな。却下。
posted by 旅烏 at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。